仮想通貨用語集




ら行

2011年10月7日に公開された仮想通貨。ビットコインの次に歴史の古い通貨であり、基本的な仕組みはビットコインと同じ。ビットコインに比べ、承認速度は早く、手数料は安価。ビットコインの欠点を補う形で誕生したため、ビットコインよりも流通量が多く、マイニングや取引の際に労力がかからない。
ブロックチェーン上で動作する「セカンドレイヤー」ペイメントプロトコル。
特定の通貨のブロックチェーンが抱えるスケーラビリティ問題や処理速度、マイニングにかかる手数料などの問題を解決するために開発された。
リップル社が発行した仮想通貨リップルのこと。または仮想通貨リップルの取引単位。通貨単位は「XRP」。ネットワーク上で、仮想通貨と法定通貨を繋ぐ「ブリッジ通貨」としての役割を持つ。銀行間の国際送金システムとして期待されている。
リスクを承知で取引を行うこと。 リスクを取ること、≒ 参入コスト
FX業者に為替レートを提示し、FX業者からの注文を受け付ける業者のこと。一定の手続きによりリクイディティ・プロバイダーとして指定を受けた証券会社や銀行を指し、毎営業日、市況に応じて売買を成立させるために注文を適切に発注する義務を負っている。
発生する可能性のあるリスクを予測し、リスクに対応できる体制を備えること。「ヘッジ」とも呼ばれている。仮想通貨では、資産を1つの仮想通貨だけでなくいくつかの仮想通貨に分散投資することや、いくつかの仮想通貨取引所でアカウント開設し資産を分散させておくことがリスクヘッジとして挙げられる。
1回の取引における「利益:損失の比率」のこと。例えば、ドル円を100円で買ったとし、100円20銭で利益確定、99円90銭で損切り、というような条件で取引した場合、リスクリワードは2:1(利益20銭:損失10銭)となる。リスクリワードを意識しない場合、高い勝率であってもトータルで負ける状況に陥る場合があるので注意が必要
ハードフォークを実施してブロックチェーンが枝分かれした際に、悪意のある第三者によって仕掛けられる攻撃の1つ。その手口は、ハードフォークが実施されるタイミングを狙い、ブロック内に記載されているトランザクションを別の台帳上でも実行させることによって、送金者が意図していない別の台帳に資産を移してしまうもの。DAO事件ではこの攻撃が利用され多くの通貨が盗まれることとなった。防衛策として、リプレイプロテクションと呼ばれる機能を追加することが挙げられる。ビットコインには、すでにSIGHASH FORKIDというリプレイプロテクションが搭載されている。
2013年9月に公開された仮想通貨。為替ヘッジなどのコスト削減、かつ送金も素早く行うことを可能にする技術を持っている。通貨単位は「XRP」。2016年には「みずほ銀行」や「りそな銀行」など、メガバンクを含む42行と海外の大手金融機関などがRipple社の送金システムの採用を表明している。リップラーと呼ばれる熱狂的なホルダーがいる。
金融機関が国際送金で抱える課題を解決するために開発されたネットワーク。ネットワーク上で利用される通貨はXRP。リップルネットワーク内でXRPが仮想通貨のブリッジ通貨として機能することで、従来の国際送金のコストを削減できる。ブロックチェーンではなく、XRP Ledgerという仕組みを利用している。
同一の商品(通貨)の売りポジションと買いポジションを同時に持つこと。
業務主たる法人の代表者や従業者、または業務主たる人の代理人や使用人そのほかの従業者が違反行為をした場合に、直接の実行行為者のほかに業務主たる法人または人も罰される規定のこと。
業務主たる法人の代表者や従業者、または業務主たる人の代理人や使用人そのほかの従業者が違反行為をした場合に、直接の日本語で上値抵抗線といい、相場がその水準よりも上昇しないと予想されるラインのこと。それまで買いポジションを持っていた投資家の利益確定の目安になる。サポートラインとレジスタンスラインは一度突破すると、それぞれのラインが逆転し、サポートラインはレジスタンスラインに、レジスタンスラインはサポートラインへなりやすい。
ビットコインやイーサリアムなど、その他アルトコインにも対応しているハードウェアウォレット。堅牢なセキュリティで仮想通貨の保管が可能となっている。税込8,000円ほどで販売されており、土日祝日以外の朝9時までの注文で即日出荷が可能。
預け入れる資金の数倍~数十倍の金額の取引を可能にする仕組み。名前の由来は“てこ(レバー)の原理”。てこを使えば軽い錘で重い荷物を動かせるように、レバレッジを使えば少ない自己資本で大きな資本を動かせる。「少額でも投資できること」と「投資効率が高まること」がメリットに挙げられる。レバレッジを高めるということは、勝っても負けても損益が大きくなるということとなる。
保有している仮想通貨を取引所に貸し出し、レンタル料を得るサービスのこと。貸仮想通貨サービスとも呼ばれている。契約が成立すると、貸した分に発生した利息がレンタル料として自分の資産となる。貸仮想通貨サービスを通じて貸し出している資産は、売却や送金が行えないので注意が必要。
価格の下落を示す陰線と、価格の上昇を示す陽線とで表されています。
保有している建玉(ポジション)を翌日まで持ち越すこと。
取引可能な最小通貨単位のこと。
特定の企業や団体が発行した仮想通貨のうち、一定量を一定期間の間、売買出来ないように凍結すること。もともと株式で使われている用語であり、創業者などの大株主が、新規上場後の一定期間、株を売却できないよう契約を交わす制度のことを指す。
「ロングポジション」の略で、仮想通貨や株取引などでいう「買い」のこと。「将来的に値上がりする(上昇する)」と判断した投資対象を購入し、値上がりした時点で売って決済して利益を出す投資手法。

 

1 2 3 4 5 6 7 8