【徹底解説】注目を集める「Move-to-Earn(M2E)」を楽しもう!選び方/歩き方/稼ぎ方/将来性を解説

こんにちは!!

「ご存じですか??」

最近では、「散歩士」・「散歩師」という新しい職業がとても人気があるそうですね😀

今回は、歩いたり走ったりすることで稼ぐことのできる「Move-to-Earn(M2E)」を、今以上にさらに楽しむ4つ(選び方/歩き方/稼ぎ方/将来性)のポイントをお伝えしていきます。

この記事の内容・まとめ
  • 成功率が高いプロジェクトの「探し方・判断基準」が分かる
  • Move-to-Earnで一番最適な「歩き方」が学べる
  • Move-to-Earnの「歴史や将来性」が分かる
  • 今一押し「M2Eプロジェクト」の紹介

「Move-to-Earn(M2E)」の選び方

歩くこと、走ることでお金を稼ぐことができる」という、前代未聞のプロジェクトが注目を集めています。

一昨年から「ゲームをすることでお金が稼げる」ことで注目を集めていたアクシーインフィニティ(Axie Infinity)はご存知の方も多いかと。

これは、GameFi(ゲームとファイナンスを掛け合わせた造語)と呼ばれるプロジェクトです。

【徹底解説】Axie Infinity(アクシーインフィニティ)投資・副業ガイド丨仮想通貨ゲーム

このGameFiの登場により、暗号資産をゲームの報酬として得られ、ゲームをすることで稼ぐことができる世界が誕生しました。

スマホのゲームに興味がなかったユーザーが参加したり、さらにはゲームのアカウントを貸出してオーナーとして稼ぐ人など、さまざまな稼ぎ方が存在します。

アニマル番長

私自身もオーナーとして参加している一人です。

 

スカラーシップ制度を利用して、フィリピンの方々数十名とアクシーインフィニティ(Axie Infinity)で収益を共に得ました。

 

Move to Earnプロジェクトの「事業構造」

一昨年のブームに乗っかって、2022年後半は「◯◯◯-to-Earn」のプロジェクトがいくつもスタートします。

「Play to Earn(ゲームをすることで稼ぐ)」

「Move to Earn(歩いたり走ったりして稼ぐ)」

「Listen to Earn(音楽を聴くことで稼ぐ)」

「Sleep to Earn(睡眠することで稼ぐ)」

「Ride to Earn(サイクリングすることで稼ぐ)」

・・・etc

現在、最もMove to Earnで注目を集めるプロジェクトは『STEPN』になるでしょうね。

『STEPN』を詳しく知りたい方はGoogleで検索してみてください。検索するとたくさんあるので私はブログを作っていません。笑

今後さまざまな「◯◯◯-to-Earn」のプロジェクトが出てきますが、プロジェクトの事業構造自体はそれほど大きく変わるわけではないので、『STEPN』について予習がてら勉強するのは今後、無駄にはならないでしょうね。

簡単に説明します。ポイントは、4つです。

「◯◯◯-to-Earn」簡単解説!!

① NFTを購入することで参加できる
② プロジェクトが暗号資産を発行している
③ ユーザーはその暗号資産を交換することで現金化できる
④ 暗号資産はNFTのレベルUPや維持に必要となる

ここをまずは押さえておけば、プロジェクト全体の枠組みが理解できるのではないでしょうか。

アニマル番長

なんで歩くだけで稼げるの?」って皆が思うことです。

 

上記4つのポイントを理解すれば、稼ぐ流れが見えてきます。

 

プロジェクトの中で、需要と供給のバランスをコントロールしながら、小さな経済圏を作ってるんです。

 

ここが理解できれば、どのような状況が既存ユーザーのリスクが高まるか?が見えてきます。

一つ言えることは、新規ユーザーが殺到している状況では大きなリスクはないということではないでしょうか。

どんなプロジェクトに参加するか?

答えは一つ、将来的に多くのユーザーが参加するプロジェクトを選ぶことです。

そして、サービス開始時期から参加できたら大きな恩恵をもたらしてくれる可能性は大きいです。

しかし、それは誰にもわからないことです

できることといえば、「成功する可能性の高いプロジェクトを探し出す」ことではないでしょうか?

判断基準は人様々ですが、多くの方が判断基準にしている共通項目をいくつかお伝えします。

 

成功する可能性が高いプロジェクトの「探し方・判断基準」

 ①プロジェクト運営者の顔が見えるか?

各プロジェクトごとにホワイトペーパーを出しています。

これは必ず確認してください。

そこに運営者の素性が明記されているか?ここは非常に重要です

「◯◯◯-to-Earn」は暗号資産を活用したビジネスモデルですが、非中央集権なのは発行されている暗号資産だけで、プロジェクト自体は中央集権であるからです。

顔の見えない運営者って正直怖いです

 

 ②プロジェクトのスポンサー、提携、支援にはどのような所が参画しているか?

暗号資産を用いたプロジェクトに、力を入れて支援しているベンチャーキャピタル(VC)はいくつもあります。

当然、私たちよりも詳しく、さらに細かく調査した上でVCとして参加しているはずです。

ですので、どこが参画しているか?は判断材料の一つにしてもいいのではないかと思います。

それでも頓挫するプロジェクトは多いので、失敗したくない人は、遅出しじゃんけんぐらいがちょうどよく、安易に参加を決めてはダメです

 

 ③Twitter、Discord、Telegramなど、公式アカウントへのフォロワーの数

そのプロジェクトに「参加する数」というのは絶対条件です

期待値が高いプロジェクトには、多くのフォロワーがスタートを心待ちにしています。

 

それ以外にも細かな判断のポイントがありますが、基本だけお伝えします。

アニマル番長

うまく「◯◯◯-to-Earn」の波を乗りこなしている方をフォローしていくのも大事ですね。

 

LINE公式アカウント「LEADERS’CLUB」では、無料から有料まで幅広く「注目プロジェクト」をご案内しています。是非フォローしておいてくださいね。

 

「Move-to-Earn(M2E)」の歩き方

『STEPN』の凄いところは、多くの人々に収益を与え続けているだけではないです

コロナ禍で運動不足だった私たちに運動する機会を与え、継続させ、健康まで提供していることがです。

ウォーキングで得られる4つの健康効果とは?

ウォーキングすることで、大きく4つの効果が得られます。

 ①脂肪を燃焼させる効果

ウォーキングは、血糖や脂肪をエネルギーとして使い、直接脂肪を減らす効果があります。

最初に、血液や筋肉の中に含まれる糖分がエネルギーとして使われます。

次に、肝臓に蓄えられているATP(アデノシンサンリン酸)が供給、分解されエネルギーとなります。

その次に、私たちの宿敵である体脂肪を肝臓が燃焼してエネルギーとします。

個人差がありますが、およそスタートから20分後から体脂肪の燃焼が始まります

脂肪燃焼を目指すなら1回につき20~30分を目安にしましょう

ペースは最初はゆっくりで大丈夫です。徐々に慣れていきましょう。

 

 ②筋力や基礎体力の向上効果

正しい姿勢で歩くことで筋力や体幹を効果的に鍛えることができます。

さらに、継続して動き続けることにより、体力が向上していきます。

最初は辛くても、日に日に力強い歩きとなり、スピードが上がり、歩ける距離が伸びていきます。

 

 ③気分転換に効果的

ウォーキングをすると神経伝達物質であるセロトニンという分泌されます。

セロトニンとは、やる気向上、不安感の軽減、幸福感を得ることができるとともに、脳を活性化させて、意欲や集中力を向上させる効果があります。

コロナで引きこもりがちな私たちには「Move-to-Earn(M2E)」をやらなくても「ウォーキング」は必要なことなのかもしれませんね。

 

 ④血流改善の効果

ウォーキングは「ふくらはぎ」にも負荷がかかります。

ふくらはぎは「第二の心臓」と言われ、全身の血液の循環に大きく影響します。

ウォーキングは、ふくらはぎの筋肉と足裏をほどよく刺激し、ポンプの原理で体の血液の循環を改善してくれます。

血流が改善すれば、冷え性に悩む方は「手足の先の毛細血管に血流の改善効果」があったり、また代謝が良くなることで「生理痛などのトラブル」も緩和されるといった良い循環があるそうです

 

体の負担を減らしながら効率的にウォーキングするために、アフィリピップ プロ・フィッツ スポーツテックゲイターを使うのがおすすめです。

アフィリピップ プロ・フィッツ スポーツテックゲイターの特徴

  • 薄くてムレにくい
  • 段階圧力設定で足のポンプ機能をサポート
  • V字テーピング設計で快適な足運びをサポート
脚のポンプ機能を補助する段階圧力設計と、筋肉のブレを抑制するコンプレッション機能で疲労軽減をサポート。また、テーピング設計がスポーツ時のパフォーマンスをサポート。

 

ズバリ言います。

「どうせ歩くなら、カッコよく、効率よく、健康的に歩きましょうよ!」

街中を歩いていると「ピロ〜ん」と『STEPN』のエネルギーが消化された音を聞くことがあります。

その音が仲間意識が芽生えさせ、どこにいるんだ?と探す日々。

ほとんどのユーザーが「猫背でスマホを見ながら下目線」。あらら、残念です。

アニマル番長

自分のウォーキングスタイルはカッコいいですか?

 

稼ぐことに一生懸命になることはもちろん大事、さらにカッコよく効率的に歩くことは健康的にはとても大事なんです。

 

ウォーキング効果を高めるためには?

せっかくウォーキングするのなら、いつものようにダラダラ歩くのではなく、正しい姿勢を意識してみましょう!

ウォーキング効果もカッコよさも大きく変わります。

スマホの画面ばかりみすぎて猫背になっていませんか?」正直、この姿勢はむちゃくちゃカッコ悪いです。

肩や背中が丸くなっていてお年寄りみたい。

実は腰が曲がっていると効果も半減し、体の一部に負担をかけてしまい、怪我の原因になります

姿勢一つで効果も歩行時の安定性も向上します。

 

通勤ウォーキングを始めてみませんか?

出社/帰宅の時間をウォーキングに使う「通勤ウォーキング」が密かなブームになっています。

こんな人いませんか?

革靴(ヒール)履いて、右手に革バック、左手にスマホ、スーツが着崩れて、汗かき、時速6Km以上で、はあはあ息を上げながら歩く。。。って側から見ていると男女問わず異常ですよ!

まずは身だしなみから整えていきましょうか!

Googleで「お散歩コーデ」と検索すると、男女問わずたくさん出てきますので参考にしてみてください。

 

「通勤ウォーキング」に必要なアイテムは?

 ①インソール

革靴で歩きたい方は「インソール」を変えるだけで力強いウォーキングが可能になります

正しい足裏の使い方はこちらです。

かかとで着地し親指で蹴り出す。革靴の靴の中は非常に日滑りやすいので、インソールを入れるだけでグリップ力が増します。

インソール選ぶときのポイント
・消臭抗菌作用がある
・衝撃吸収性
・ハサミでサイズ調整が可能化
・アーチサポートがある(疲れにくい)

「インソール」のオススメはこちら😊
優れたクッション性や踵部の保護性、サポート性を発揮する、高性能インソール両足セット。インソール裏面には、全面にクッション性、反発性に優れたABZORBを採用することで、着地時の衝撃を軽減し離陸時の動きを快適にサポートします。

 

 ②アームハンド

手を振りすぎて握りしめてたスマホが「すっぽ抜けて飛んでいった」、人とすれ違った時に「ぶつかって落とした」など経験された方も多いと思います

スマホは高価な電子機器ですので、不慮の事故は避けたいところです。

そんな時は手に固定しちゃうと、とっても安定してトラブル回避ができます。

アームバンドを選ぶときのポイント
・防水性能
・腕にフィットして、コンパクト
・水洗いが可能か

「アームハンド」のオススメはこちら😊
全画面対応可能なランニングアームバンドです。優れた防汗機能を持ち、腕にフィットします。優れた伸縮性、耐震性、断熱材、耐湿性を持ち、水洗いも可能な商品です。

 

 ③おしゃれカッパ

「Move-to-Earn(M2E)」はGPSの機能を用いて歩数をカウントしています。

雨が降っている日には、体育館や商店街のアーケードを歩こうと思っている方が多いのですが、実はGPSの電波が届かないと効率的に稼げません。

ですので、取り憑かれたように雨の中でも必死にウォーキングしています。

どうせだったら「おしゃれカッパ」を準備して雨の日も楽しくウォーキングしましょう

お洒落カッパを選ぶときのポイント
・防水・撥水性が高いもの
・透湿性が優れているもの(ムレ防止)
・反射板がついていたらより安全
・好みのデザイン

「おしゃれカッパ」のオススメはこちら😊
耐久性、撥水性、防水性、透湿性に優れているレインコートです。

 

「Move-to-Earn(M2E)」の稼ぎ方

「ウォーキングで稼ぐサービス」の歴史

ウォーキングすることで「稼ぐこと」のできるサービスは以前から存在しています。

「ポイ活」として注目を集めた「トリマ」や「Miles(マイルズ)」。

日々の移動距離に対してポイントを付与し、一定条件をクリアすることで商品の割引やプレゼントを受けることができます。

トリマ

0PFjK6g4K

登録は無料!!さらに上記のコードを入れて登録すると5,000マイルがもらえます!

登録はこちらから:https://mapfan.to/trip-mile

 

【Miles】

LF4ABM

登録は無料!!さらに上記のコードを入れて登録すると1500マイルもらえます!

登録はこちらから:https://miles.app/jp/LF4ABM

【Milesがエラーになる場合】
急激にユーザー数が増加しているため、招待コードを入れる際エラーが発生してしまうことがよくあるようです。
その場合は、下記を試してみてください。

・時間をおいてから再度試す
(比較的空いている時間は平日9時〜16時、深夜2時〜5時ごろのようです。)
・アプリを再起動する
・アプリをアンインストールし、再度インストールしてみる
・ヘルプセンターに問い合わせる

 

また、イギリス発の「Sweatcoin」というプロジェクトが2016年に始まりました。

その後アメリカで爆発的な人気アプリとなり、なんと6400万人にダウンロードされたモンスターアプリです。

Sweatcoinも「ポイ活」アプリとして展開していましたが、先日Move to Earnを目指しサービスをリニューアルすると発表がありました。

sweatcoin(スウェットコイン)登録・始め方丨歩いて仮想通貨を稼ぐアプリの紹介

ブロックチェーンベースのサービスに切り替えて稼ぐことのできるサービスになるそうです。

また、2018年に「Steem」のブロックチェーンを利用した「Actifit」がリリースされました。ユーザーは運動することで暗号資産を取得できます。

『STEPN』のサービスが急激に注目を集めたのは、サービスのリリース段階でのクオリティーが高く、非常に簡単で、参加者はウォーキングするだけで稼ぐことができ、コロナ禍で私たちが必要としているものに「ピンポイント」で当てはまったという事ではないでしょうか

「Move-to-Earn(M2E)」は今後多くのサービスがリリースされていきます。

無料で参加できるもの、有料で参加するもの、「歩くとゲーム」が一緒になっているものなど、各プロジェクトごとに特色を出しています。

こちらのLINE公式アカウントに登録しておいていただければ、定期的にまとめて配信していきますのでフォローよろしくお願いします。

 

今後リリースされる「◯◯◯-to-Earn」をご紹介します

今後、多くのプロジェクトがスタートされる中で、現在注目を集めているプロジェクトを3つ紹介します。

 ①step.app

公式サイト:https://step.app/

Twitter:https://twitter.com/StepApp_

サービス開始前から既にTwitterのフォロワー10万人越え!注目度の高い案件です。

既にガバナンストークンとなる「FITFI」は、数日前に暗号資産交換所のBYBITに上場し、初日から盛り上がっています。

今後、「FITFI」のオフィシャルでステーキングが始まり、ステーキングに参加することでチケットを取得でき、NFTシューズが獲得できたり様々なイベントに参加することができるそうです。

当然、ステーキング参加者が増えれば、「FITFI」の値上がりを期待する人も増えるのではないでしょうか?


「FITFI」の取引は暗号資産交換所の「BYBIT」にて購入が可能となっています。

MEMO

さらに、4/29からBYBITで「FITFI」のステーキングが始まりました。

報酬として「FITFI」が得られます

APR999%と非常に大きいのですが、預けられる数は限られているのが残念。

サービスタイムとなるでしょうか?

これは要チェックです!!

暗号資産取引所の「BYBIT」にてステーキングへの参加が可能です!
今ならキャンペーン期間中のため、登録して初回入金を行うと最大3,000ドルのボーナスを獲得できるチャンスです!
キャンペーンは【2022年の5月31日19時まで】です。

この機会に是非、登録を行っておきましょう!

 

 ②Fitmint

こちらもSTEPN同様のサービスです。後発組だからこそサービスリリース段階から質の高い状態でスタートしてくることが予想されます。

シンプルで分かりやすいサービスといった部分では「STEPN」に引けを取らないでしょうね。

ガバナンストークンの「FITT」となりますが、まだ販売も上場も行っていません。

現在、VIPホワイトリスト登録が開始されており、初期参入を希望する方はへの特典を提供する準備段階にあります。

MEMO

VIPホワイトリストへの登録は無料で行えますので、まず参加だけしておき、その後の状況によってサービスへの参加有無を決めたら良いと思います。

https://fitmint.io/wait-list?gsr=gkuHK-KzdbibqG8u

 

 ③Genopets

「Play to Earn」と「Move to Earn」を一つのプロジェクトの中で実現する取り組みが特徴的ですです。歩いてもゲームしても稼ぐことができます。

さらに、「有料参加」と「無料参加」を選ぶことができ、ユーザーのスタイルに合わせた参加方法を準備しています。

幅広い層のユーザーを獲得していく戦略がよく伝わってきますね!

すでにNFTは高価な値段で取引がスタートしていいて日に日に取引量が増えてきているそうです。

また、ガバナンストークンとなる「GENE」は、BYBITに上場し、2月の上場以来じわじわと価格を上げ続けています。

サービスのリリースとともに「GENE」の需要が生まれ始めるので、その前にコツコツと買い増しを続けている人が多いようです。

「GENE」の取引は暗号資産交換所の「BYBIT」にて購入が可能となっています。

暗号資産取引所の「BYBIT」の口座開設はお済みですか?
なんと!!今ならキャンペーン期間中のため、登録して初回入金を行うと最大3,000ドルのボーナスを獲得できるチャンスです!
キャンペーンは【2022年の5月31日19時まで】です。

この機会に是非、登録を行っておきましょう!

 

①「STEP.APP」のガバナンストークンである「FITFI」、「③GENOPET」のガバナンストークンである「GENE」は海外取引所の「BYBIT(バイビット)」に上場しています。

 

STEP.APP(FITFI)
https://coinmarketcap.com/ja/currencies/step-app/
GENOPET(GENE)
https://coinmarketcap.com/ja/currencies/genopets/

 

Move-to-Earnは、これまで投資としての暗号資産に興味がなかった人々に、サービスを通じて暗号資産を知るきっかけを作りました。

 

実際、STEPNをやっている方で、全く暗号資産のことを理解されていない方が多いことに驚かされます。

 

初めての方が多いということは、取引所からすれば見込み客がいるということになります。「BYBIT」が先行的に力を入れて2つの通貨を上場させ、その顧客層を取りに行くのは自然な流れだと思います!

 

今後もBYBITに上場するトークンも益々増えてくることも期待できますので、是非この機会に口座開設してみてはいかがでしょうか?

 

BYBITをオススメする理由

 

✅ 海外取引所の中でも世界最大級の大規模な取引所
✅ 日本語対応が充実している

✅ テストサイトで口座取引の体験ができる

✅ スマホでも使いやすいデザイン

✅ 今ならキャンペーン中で最大3,000ドルを獲得できる

BYBITは世界でも上位クラスの取引高を誇っており、世界中で人気があります。
安全性・信頼性も高く、初めて海外取引所を利用する方でも安心して取引を行うことが可能です。

また、今ならキャンペーン期間中のため、登録して初回入金を行うと最大3,000ドルのボーナスを獲得できるチャンスです!
キャンペーンは【2022年の5月31日19時まで】です。

この機会に是非、登録を行っておきましょう!

 

「Move-to-Earn(M2E)」の将来性

この部分については始まったばかりですので未来予想は難しいところですが、「Play to Earn」との違いは明確です。

「Play to Earn」はゲームをして稼ぐものですが、ゲームしている時間が限られるので、稼ぐことを目的としている層は「より稼げる方」に流れていきます。

 

しかし「Move-to-Earn(M2E)」は、一度のウォーキングを複数のサービスで同時カウントし稼ぐことが可能です

これは「ワンソースマルチユース」といえます。

一つの歩くという行為で、複数のアプリを稼働させて収益が得ることができるようになります。

この部分に気がついた時に、「Move-to-Earn(M2E)」の未来は「Play to Earn」とは大きく異なるものになると確信しました

『STEPN』ユーザーが増えることが他のユーザーを増やすことに繋がり、他のサービスのユーザーが増えることが結果的に『STEPN』のユーザーを増やすことになるでしょう。

一番儲かるものに移行することなく、分散でNFTシューズを持つことがユーザーのリスク分散にもつながっていくのでは無いでしょうか?

「Move-to-Earn(M2E)」の未来はすぐそこまできています。

一緒に検証していきましょう!!

 

最後に・・・

何事も無理なく継続することが大切です。

ウォーキングするのも無理して怪我してはいけません。また、NFTシューズを買うのも余裕資金で購入してください

儲かるからといって無理をしてしまうとリスクが高いです。

突然サービスが停止ってことも想定しておかなければいけません。

最後はご自身で決めて、ご自身責任の取れる範疇でご参加してみてください

何事も程々にやること、それが楽しむ秘訣ですね😀