【WordPress】おすすめレンタルサーバー4社を比較!料金や評判など選び方を徹底解説

今回の記事では、レンタルサーバーを選ぶときのポイントとおすすめのレンタルサーバーの特徴について解説しています。

ズバリ言います。

分かりにくい「サーバー選び」の悩みは今日で解決!!
初心者にもオススメの「4社」をピックアップ✌️

おすすめのレンタルサーバー4社を「徹底比較」しました。是非ご確認下さい😊

ブログを始める際、最初に必要なのが「レンタルサーバー」の契約です。

しかし、レンタルサーバーには様々な種類があり、どのレンタルサーバーが良いのか、どのプランが良いのか、初心者の方が選ぶのはとても難しいですよね。

今回の記事でご紹介するレンタルサーバーは、どこも安心してご利用いただけるレンタルサーバーです。

そのため、最終的は好みのレンタルサーバーを選んでもらっても問題ありませんので安心して進めていってください。

この記事の内容・まとめ
  • レンタルサーバーおすすめ4社の比較
  • レンタルサーバーを選ぶ「ポイント」
  • 各レンタルサーバーの機能や特徴
  • レンタルサーバーQ&A

レンタルサーバーおすすめ4社の比較表

今回の記事では、皆さんにおすすめできる「4つのレンタルサーバー」を対象にご説明させていただきます。

以下の表は各社のレンタルサーバーを簡単に比較したものです。

※月額費用に関しては12ヶ月で契約した際の金額を記載しています。

レンタルサーバー
(プラン名)
初期費用 月額費用 運営実績 使いやすさ 性能 サポート
ConoHa Wing
(ベーシック)
無料 911円※2
キャンペーン中
2013年〜
エックスサーバー
(スタンダード)
無料※1
(通常有料)
1,100円 2003年〜
ロリポップ!
(ハイスピード)
無料 825円 2001年〜
mixhost
(プレミアム)
無料 1,089円※3
キャンペーン中
2016年〜

※1 通常は3,330円(12ヶ月契約の場合は無料)
※2 通常価格は1,320円(キャンペーンは5/16まで)
※3 通常価格は2,178円(キャンペーン期間未定)
※ブログ公開前にキャンペーンなどの情報の確認必要

基本的な機能面でいうと、この4社のレンタルサーバーには必要な機能はすべて備わっているので、どのサーバーを選んでもらっても不自由なく十分ご利用いただけます

しかし、それぞれの会社ごとに特徴はありますので、ご自身の用途に合ったレンタルサーバーを選ぶようにしてみてください。

ズバリ言います。

もしも、どうしても決められないという場合であれば「ConoHa Wing」にしておくのがおすすめです!絶対安心。

 

レンタルサーバーを選ぶポイント

それでは、ここからはレンタルサーバーを選ぶ際のポイントについて解説していきます。

選ぶ際にポイントとなるのは下記の9つです。

サーバーを選ぶ9つのポイント

① 費用

② 運用実績

③ サポート体制

④ 転送量

⑤ サーバーの処理速度

⑥ WordPressの設置は簡単か?

⑦ WordPressの設置数は?

⑧ バックアップ機能は完備されているか?

⑨ SSL化は無料で行えるか?

こちらの点について詳しく解説していきます。

費用

レンタルサーバーを選ぶ際に、1番気になるのは「費用面」かと思います。

しかし、価格だけでレンタルサーバーを選ぶのは、要注意です。

費用が安いプランは

・速度が遅い
・機能が少ない
・サポートがない

など、制限が多く使い始めてから困ってしまうことがあります。

レンタルサーバーの相場は、「約500円/月〜1,500円/月」ぐらいです。

これより安いレンタルサーバーもありますが、そのようなサーバーは機能面で劣っていることが多いです。

しっかりと機能面を確認し、必要な機能が揃っていることを確認した上で費用の安いレンタルサーバーを検討するようにしましょう

レンタルサーバーを契約する際に、契約期間を選択します。
その際、できるだけ契約期間を長くすることで、金額も抑える事ができます。 費用をできるだけ安くするには?

契約期間はレンタルサーバーによって様々ですが、『1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月、24ヶ月、36ヶ月』などから選択することになります。

おすすめは1年以上のプランでの契約です。

1年以上のプランだと、月額費用が抑えられるのはもちろんですが、初期費用も割引になることもあるのでおすすめです。

 

運営実績

これから自分の大切な資産となるようなブログを預ける会社になるので、過去の運営実績もとても大切です。

サーバーが停止してしまうと、せっかく自分が作成したブログも見れなくなってしまいます

そのため、長年大きなトラブルが無く、安定して稼働しているレンタルサーバーを利用するのがおすすめです。

 

サポート体制

ブログを運営していると、予期せぬトラブルに見舞われることがあります。

そんなときに、サポート体制が整っているレンタルサーバーだととても心強いです

基本的にはメールや電話、チャットなどで対応してくれるレンタルサーバーがほとんどですが、レンタルサーバーを選ぶ際には、念の為サポート体制に関しても確認しておくとよいでしょう。

 

転送量

転送量とはサーバーから転送されるデータ量(テキストや画像、動画など)の合計量のことを指します。

転送量が少ないと、アクセスが集中した際にサーバーがダウンしてしまいます

転送量は「50GB/日」以上のプランを選ぶようにしましょう。

なお、今回紹介するレンタルサーバーであれば、どこのサーバーも必要最低限の容量は準備されているので安心してもらって大丈夫です。

【転送量の計算】

 

-ブログの1ページが5MBで、アクセス数が1000だった場合-
5 MB × 1000 = 5,000 MB(5GB)

 

-仮に50 GBのプランで契約した場合-
50,000 MB ÷ 5 = 10,000
「10,000 アクセス」までは大丈夫です。

 

サーバー処理速度

サイトページを表示する際の表示速度はSEO的にもとても重要です。

表示速度が低いと、読者がページから離脱する(途中で読むのをやめてしまう)可能性が高くなってしまいます

そのため、サーバーの処理速度が速いレンタルサーバーを選ぶようにしましょう。

 

WordPress設定は簡単か?

ブログ初心者の方はワードプレスのインストールが簡単なレンタルサーバを選択するのがおすすめです。

レンタルサーバーによっては、契約時に「WordPressの簡単インストール」といった、WordPressを契約と同時にインストールできるサービスがあります。

自分でWordPressのインストールを行うのは少し手間がかかります。

なので、初心者の方はこのように簡単にWordPressのインストールができるレンタルサーバーを選んでおくとよいでしょう。

 

設置できるWordPressの数

ブログを始めて間もない頃にはあまり気にすることは無いかもしれませんが、今後複数のブログの運営を考えている場合であれば、設置できるWordPressの数を確認しておく必要があります。

WordPressを複数設置できるかどうかの確認は「マルチドメイン」と「MySQL」の箇所を見ていただければわかります。

マルチドメイン対応で、MySQLを複数個利用できるレンタルサーバーであれば、WordPressを複数設置することができます。

【マルチドメインとは】
1つのサーバーの中に複数のドメインを保有することができる機能です。
※マルチドメインが対応されていない場合は、WordPressを2個以上作成することはできません。

【MySQLとは】
ブログの情報を保存するデータベースのことを指します。
「1つのWordPress」に対して「1つのMySQL」を利用することが望ましいとされています。
そのため、MySQLの数だけWordPressが作成できると考えていただければと思います。
※MySQLが複数個利用可能でもマルチドメインに対応していない場合は、WordPressを公開できるのは1つのみとなります。

 

バックアップ機能があるか

ブログを運営している中で、どれだけ注意していても「ファイルの編集を間違えてしまった」「大事なファイルを削除してしまった」などと言ったトラブルに合う可能性もあります。

そんな時、バックアップデータが有ればトラブル前の状態にページを復元することも可能になります。

データのバックアップはWordPressのプラグインを設定し、自分でもバックアップを取っておくのがおすすめですが、レンタルサーバーの業者でも自動でバックアップを取ってくれるサービスがあります。

プラグインの場合、「何かの不具合でその日のバックアップが取れていなかった」ということもありえますが、レンタルサーバーの提供するバックアップであれば、そのような心配はありません。

ブログデータをしっかりと守るためにも、バックアップ体制が整っているレンタルサーバーを利用するのがおすすめです。

 

SSL化が無料か

SSL化とは簡単に言うと、ブログのセキュリティを上げる仕組みです。

SSL化がされているかどうかの見分け方はURLを見ればわかります。

SSL化あり:https://〜〜〜
SSL化なし:http://〜〜〜

SSL化をしないとグーグルからの評価が下がるため検索順位も下がってしまいます。そのため、SSL化はブログを運営する上で必ず設定する必要があります。

SSL化は自分で後から設定することもできますが、有料の場合もあります。そのため、最初からSSL化の機能が備わっているレンタルサーバーを選んでサイトを作成することがおすすめです。

 

各レンタルサーバーの説明

料金の安さ、表示速度の速さなら「コノハウィング

初期費用 無料 転送量 無制限
月額費用 911円 表示速度高速化 あり
運営実績 2013年〜 簡単インストール
サポート体制 電話/メール WP利用数 無制限
バックアップ機能 ◯(無料) 無料SSL化

※ 通常価格は1,320円(キャンペーンは5/16まで)

\登録はこちらから/

ConoHa WingはGMOインターネット社が運営するホスティングサービスです。

運営実績は2013年〜なので、比較的新しいサーバーではありますが大手GMOの提供するサービスなので安心してご利用いただけます。

ConoHaWINGの最大の特徴は、なんと言っても「国内最速」を誇る処理速度です。処理速度はSEOにも関わってくる大切なポイントです。

サイトにアクセスする時間を短縮できるため、読者の離脱率も減少させることができます。

また、ConoHa WINGでは3種類のWordPressのテーマ(THE SONIC・JIN・SANGO)を割引価格で購入することができます。

今後有料テーマの導入を考えている場合はConoHA WINGでの契約がおすすめです。

【メリット】● 国内最速のレンタルサーバー
● 初期費用なし、月額料金も安い
● WordPressテーマが安く購入できる
● 大手GMOの運営のため安心
● GMOの運営だから安心
● 管理画面が見やすい
● 契約中、独自ドメインが2妻で永久無料で利用可能
【デメリット】● 大手GMOによる運営ではあるが、比較的新しいサーバーのため実績は他のサーバーに比べると少ない
● アダルトサイトは運営不可
こんな人におすすめ

・とにかく表示速度を上げたい方
・有料テーマ(THE SONIC・JIN・ANGO)の導入を考えている方
・迷ったらConoHaWINGを利用しておけば、間違いないです。

こちらの記事ではコノハウィングの登録方法を分かりやすく解説しています。是非ご確認下さい。

ConoHa WINGの登録方法とWordPressかんたんセットアップの手順

 

国内シェアNO.1の「エックスサーバー

初期費用 無料 転送量 無制限
月額費用 1,100円 表示速度高速化 あり
運営実績 2003年〜 簡単インストール
サポート体制 電話/メール WP利用数 無制限
バックアップ機能 ◯(無料) 無料SSL化

※ 通常は3,330円(12ヶ月契約の場合は無料)

\登録はこちらから/


エックスサーバーは、国内シェアNO.1のレンタルサーバーです。

機能・価格・サポート、すべてのバランスがよく、長年ブロガーやアフィリエイターから利用され続けています。

長年稼働しているサーバーですが、過去に大きな障害もないですし、ディスク容量もデータ転送量も個人サイトの運営としては十分な量が確保されているので安心してご利用いただけます。

表示速度も、ConoHaWingには劣りますが、高速性も十分確保されています。

【メリット】● 国内シェアNo.1で、長い歴史があるため安心
● サポートが充実しており、電話サポートも完備
● 長い間サービスを提供しているが大きな障害も起こっていない
● 利用者数が多いため、情報が多い
● 簡単引越し機能も完備
● 大量アクセスにも強くて安心
【デメリット】● 初期費用がかかる
● コストは他のサーバーよりやや高め
● アダルトサイトは運営不可
こんな人におすすめ

・過去の実績から障害が少ないサーバーで利用したい方
・大手企業のサーバーで安心して利用したい

こちらの記事ではエックスサーバーの登録方法を分かりやすく解説しています。是非ご確認下さい。

エックスサーバーの登録方法とWordPressクイックスタートの手順

 

高機能なレンタルサーバーなら「mixhost

初期費用 無料 転送量 無制限
月額費用 1,089円 表示速度高速化 あり
運営実績 2016年〜 簡単インストール
サポート体制 メール WP利用数 無制限
バックアップ機能 ◯(無料) 無料SSL化

※3 通常価格は2,178円(キャンペーン期間未定)

\登録はこちらから/

mixhostは表示速度など、機能面に優れたレンタルサーバーです。

後発組のレンタルサーバーなので、サーバーの利用環境が整っており、最新の設備や技術が搭載されています。

他のレンタルサーバーに比べて高スペックですが、その割に価格も安く設定されています。

また、レンタルサーバーではアダルト系や出会い系分野のブログの作成は禁止されているところが多いですが、mixhosではそのような分野のブログも作成することができます。

【メリット】● 後発組レンタルサーバーのため高スペック
● 高スペックな機能にもかかわらず費用がかなり安い。
● アダルトジャンルも可能
● プラン変更か即座に可能
【デメリット】● 新しいレンタルサーバーで実績があまりないため、稼働実績が少し不安
● 電話サポートがない
● 他のレンタルサーバーに比べると情報が少ない
こんな人におすすめ

・とにかく高スペックなサーバーを利用したい方
・アダルトジャンルでブログを開始したい方

こちらの記事ではmixhostの登録方法を分かりやすく解説しています。是非ご確認下さい。

mixhostの登録方法とWordPressクイックスタートの手順

 

コスト重視なら「ロリポップ!

初期費用 無料 転送量 無制限
月額費用 825円 表示速度高速化 あり
運営実績 2001年〜 簡単インストール
サポート体制 電話/メール/チャット WP利用数 無制限
バックアップ機能 ◯(無料) 無料SSL化

※復旧には11,000円

\登録はこちらから/

ロリポップはGMOペパボ株式会社が運営するホスティングサービスです。

ロリポップの1番の特徴はなんと言っても「どこにも負けないコストパフォーマンス」です。

また、国内シェアもエックスサーバーに続く第2位となっています。

サポート体制も整っており、電話やメールだけでなくリアルタイムで問合せができるチャットも完備されています。

スペックは他のレンタルサーバーより少々劣るかもしれませんが、初心者が利用するには十分な機能は備わっているといえます。

● とにかく価格が安く、月額220円〜ブログを開始することが可能
● レンタルサーバーとしての歴史は長いため、情報は多い
● 最初はお試しで安いプランから開始し、慣れたらプランを上げていくことも可能 【メリット】
● 自動バックアップ機能が有料
● サーバー契約時にWordPressをインストールすることができない
● アダルトサイトは運営不可 【デメリット】
こんな人におすすめ

・低コストでブログを開始したい方
・ブログが続けられるか不安だけど、始めて見たいと思っている方

こちらの記事ではロリポップの登録方法を分かりやすく解説しています。是非ご確認下さい。

ロリポップ!の登録方法とWordPress簡単インストールの手順

 

1番おすすめは「コノハウィング」

ここまで、4つのレンタルサーバーに関して紹介しました。

機能面、サービス面、価格面などさまざまな点から考えて1番のおすすめは、「コノハウィングです。

後発のサーバーではありますが、性能も使いやすさも満足できるサーバーと言えます。

また、ブログを運営していく上で必要なテーマも安く購入できるのも大きなメリットです。

「結局どのレンタルサーバーが良いか分からない」といった場合は、コノハウィングを利用しておけば間違いはないでしょう。

レンタルサーバーに関するよくある質問

ブログ作成後もレンタルサーバーは変更できるますか?

可能です。
1度レンタルサーバーを契約後、他のレンタルサーバーに変更したい場合は移行することも可能です。サーバーの移行手順に関しては、各レンタルサーバー会社のマニュアルに記載されていますのでそちらをご参考に進めてみてください。
「WordPress移行代行」といったサービスを提供してるレンタルサーバーもあります。
有料とはなりますが、ご自身での設定に不安がある方はこのようなサービスをご利用されるのも良いかもしれません。

レンタルサーバーとドメインは同じ会社で契約した方がいいですか?

別の会社で契約しても問題はありません。
しかし、同じ会社でドメインを保有すると下記のメリットがあります。
・ドメインの設定が簡単
・レンタルサーバー業者によっては無料でドメインを保有できる

どこのレンタルサーバーでWordPressをインストールしても使い方は同じですか?

WordPress自体はどこのレンタルサーバーで契約しても同じものです。

どこのレンタルサーバが良いかわからない時は?

ConoHa WING」のベーシックプランで契約しておけば、コスト・機能面的にも間違いありません!

 

まとめ

今回は、レンタルサーバーを選ぶ際のポイントと、おすすめのレンタルサーバーをご紹介しました。

上記の4つのレンタルサーバー会社はどれも十分良いサービスが提供されています。

ですので、この中から選んでいただければ大きな失敗は無いでしょう。

各レンタルサーバーの登録マニュアルはこちらをご活用ください。

ConoHa WINGの登録方法とWordPressかんたんセットアップの手順 エックスサーバーの登録方法とWordPressクイックスタートの手順 mixhostの登録方法とWordPressクイックスタートの手順 ロリポップ!の登録方法とWordPress簡単インストールの手順