Googleサーチコンソールの使い方丨サイトマップ・インデックスの設定手順

Googleサーチコンソール(Google Search Console)は、ブログのSEO対策を考える上で必要不可欠なツールです。

Googleサーチコンソールを利用することで、自身のブログの検索時における結果やブログに起こっている目に見えないエラーや問題などを発見することが可能になります。

このツールはGoogleが無料で提供しているものなので、まだ利用されていない方は登録しておきましょう。

今回の記事では、Googleサーチコンソールの登録方法や記事のインデックスの方法について解説します。

Googleサーチコンソールとは

Googleサーチコンソール(Google Search Console)とは、グーグルが提供するインターネット検索の分析ツールです。

Googleサーチコンソールでは下記の分析を行うことができます。

・どんなキーワードで検索できているかわかる。
・ブログ内のページのどこに問題があるのかを調べられる
・被リンクされているウェブサイトを確認できる
・新たに追加したページを早くGoogleに伝える事ができる

Googleサーチコンソールでは、検索結果に「どのような検索ワードで、どのぐらい表示され、どのぐらいクリックされたか」を調べることができます。

また、Googleが自身のブログをどのような評価をしているのかもチェックすることができるため、ブログ開設後は必ず登録しておきましょう。

 

サーチコンソールのアカウント登録方法


サーチコンソールのページを開き「今すぐ開始」をクリックします。

サーチコンソールはこちらから
https://search.google.com/search-console/about

サーチコンソールへの登録方法は「ドメイン」と「URL プレフィックス」の2種類あります。

【ドメイン】

ドメインプロパティの特徴は、例えば「example.com」というドメインを入力すると、そのドメインをふくんだすべてのURLを管理することができます。

http / https、wwwの有無、サブドメイン、サブディレクトリ、といった複数のURLを1つにまとめて管理できるのが特徴です。

 

【URL プレフィックス】

URLプレフィックスプロパティの特徴は、入力したURLのみを管理することができます。

今回は初心者登録が簡単な「URL プレフィックス」での登録方法をお伝えします。




登録するブログのURLを入力します。


続行をクリックします。




下にスクロールします。




「HTMLタグ」という表記があるので、ここをクリックします。




メタタグが表示されるので「コピー」をクリックします。

このあと、WordPress上での設定を行います。
サーチコンソールのこの画面はこのままにしておいてください。

 

メタタグの設置【SANGOの場合】



WordPressにログインし、「外観 > カスタマイズ」をクリックします。



「詳細設定」をクリックします。




先ほどコピーしたメタタグを貼り付けます。


「公開」をクリックします。




「確認」をクリックします。




所有権の確認ができました。
「プロパティに移動」をクリックします。

 

メタタグの設置【Cocoonの場合】



WordPressにログインし、「Cocoon設定 > Cocoon設定」をクリックします。




「アクセス解析・認証」をクリックします。




先程コピーしたメタタグの【サイト認証ID】の箇所だけ貼り付けを行い、保存をクリックします。

サイト認証IDとは下記の赤字の箇所です。



「確認」をクリックします。




所有権の確認ができました。
「プロパティに移動」をクリックします。

 

サイトマップの登録



「サイトマップ」をクリックします。




サイトマップのURLを確認します。
今回は、「XML Sitemapt」というプラグインを使用している場合の確認方法です。
WordPressにログインし、「設定 > XML Sitemap」をクリックします。




SitemapのURLが表示されているので確認します。
ドメインの後に「sitemap.xml」の場合が多いです。




③で確認したサイトマップのURLを入力します。

⑤「送信」をクリックします。




サイトマップの送信が完了しました。
「OK」をクリックしてください。




サイトマップのインデックスに成功しました。
詳細を見るためにこの箇所をクリックします。




ステータスが成功していれば完了です。

「取得できませんでした」という表記になっている場合でも、時間を置くと「成功しました」に変化するかと思います。

 

記事のインデックスを行う

「インデックス」とは、グーグル等の検索エンジンにウェブページが登録されることを指します。

記事インデックスされるためには、クローラー(ロボット検索エンジン)に見つけてもらう必要があります。

 


サーチコンソールにログインし、検索窓に投稿した記事のURLを入力し検索を行います。




「URLがGoogleに登録されていません」と表示された場合、まだインデックスがされていないということです。
「インデックス登録をリクエスト」をクリックします。




確認中の画面が表示されるので、そのまま待ちます。




インデックス登録のリクエストはこれで完了です。

MEMO

【すでにインデックス済みの場合】

URLを検索して、上記の画面が表示された場合は、すでにGoogleのクローラーによってインデックスが完了しています。
この場合はこの場合は、特に作業を行わなくても問題ありません。

 

まとめ

Googleサーチコンソールの登録方法と記事のインデックス方法について解説しました。

ブログを運営する上で、Googleサーチコンソールは必要不可欠なツールです。

今回の記事ではご紹介していませんが、Googleサーチコンソールを利用することで、目に見えないサイトの不具合なども確認することができます。

実際の問題を見つけ、改善を繰り返すことでより良いブログを構築してくことができるようになります。

よりよいブログ運営を行うために、まだ導入されていない方はぜひ導入してみてください。

ブログの書き方丨記事構成やタイトルの”マル秘”テクニック 基本編4/7